銀行カードローンと消費者金融の金利の違い

銀行カードローンの金利が14.5%程に対し消費者金融の金利が18%程と、消費者金融の方が5%程高くなっています。
金利は14%〜18%など幅を持たせて記載されていますが、上限金利で見ていく方が確実です。
そのため低金利で借りるためには、銀行を選ぶ必要があります。
銀行カードローンは貸した人が払えなくなった場合、保証会社となっている消費者金融等が代わりにお金を払ってくれる仕組みになっているため、金利を低く設定できます。
一方で消費者金融は自らも銀行からお金を借りて運営しているため、その分銀行カードローンよりも金利が高くなってしまいます。
その代わりに消費者金融は銀行カードローンより審査を通りやすいものにし、借りてもらいやすいようにしています。
高額な借入をしたい場合には低金利の銀行カードローンが向いていますが、審査が厳しいため申込んでも借り入れできない場合もあります。
消費者金融では銀行カードローン程には審査が厳しくないことと、パートなどの主婦やアルバイトの学生でも借り入れが可能なので、申込みしやすくなっています。
金利を使った利息の計算方法は、借入額×金利÷365日×借入れ日数=利息です。
利息を使った月々の返済額の計算方法には違いがあり、会社によって元金均等方式や元利均等方式、残高スライドリボルビング方式などがあります。
元金均等方式は毎月の返済金額+利息が月々の返済額、元利均等方式は元金+利息を返済回数で割ったものが月々の返済額、残高スライドリボルビング方式は返済していくに従って月々の返済額が減って行く方式です。
借入額や繰り上げ返済をするのかどうかによってもどの方式が自分に合う方法なのかが違うので、返済計画をたてる中で自分に合った方式をとっているキャッシング会社をみつけるのがおすすめです。

金利を抑えて借りる方法

1つ目の方法としては、キャッシング会社の中には無利息期間を設けている会社があるので、そちらを活用することです。
あと数日後にお金が入る予定があるが急にお金が必要になり、手元の金額では足りない時などに便利で、無利息期間中に完済すれば、金利は0円で済みます。
2つ目の方法は、繰り上げ返済を利用することです。
予定していた月々の返済額よりも多く返済し、早く完済することで利息を抑えることができるので、金利が高い場合も負担を抑えられます。
3つ目の方法は、月々の返済額を多く設定することです。
返済期間が長くなればなるほど、低金利であったとしても利息の負担は増えていきます。
例え同じ金額を高金利で借りたとしても、早く完済した方が低金利で借りるよりも最終的に負担が少なく済むこともあります。

 

各カードローン会社の金利はこのサイトで比較されています。
掲載されているローン会社のなかには専業主婦が借りられるローンも載っています。
金利が安いキャッシング会社を見つけて、総返済額を抑える方法が解説されているので借入したことがない方に人気が高いサイトです。

 

URL:http://www.absalompress.com/
タイトル:専業主婦カードローンMrs.|内緒で借入OK厳選安心カードローン